資格を生かして働くには?

資格を生かして働くには?

日本における犬や猫などのペットの飼育頭数はかなりの数にのぼっています。ペットの需要が高まるとブリーダーの需要も高まります

動物たちに関する知識をたくさん学ぶことで、ブリーダーをはじめ、動物に関連した職で活躍できます

オススメ動物関連資格とその活かし方についてお話します。

動物の知識を証明する資格

日本における大人気のペットというと犬と猫があげられます。

この2種類の動物だけでかなりの飼育頭数になりますが、そんな犬猫に関連した知識を証明したいのであれば、日本生活環境支援協会主催の「犬・猫ペットブリーダー」資格を日本インストラクター協会主催の「ペット繁殖インストラクター」などの資格を取得しておくと良いでしょう。

ブリーダーとして働くのに資格が絶対に必要なわけではありませんが、取得することで第三者によって、そのノウハウが一定レベルに達していることが証明されますし、資格取得に向けて体系的に学習することになるので、実際の業務においてその知識が大いに役立つでしょう。

資格を活かして働く方法1:ペットブリーダーとして活動する

犬や猫のブリーダーはたくさんいます。中にはトップブリーダーとして知名度が高い人もいます。

資格を取得することで即座にトップブリーダーになれるわけではありませんが、まずは他のブリーダーのもとで資格や知識を活かして経験を積み、将来的に独立開業を目指す事ができます。

犬・猫ペットブリーダー」資格は、開業に向けての準備や業務などについての知識も認定するものなので、開業をする時にも学んだことが役立つでしょう。

資格を活かして働く方法2:講師活動をする

ブリーダーにならなかったとしても、自宅やカルチャスクールでペットの取り扱いや繁殖方法について教えるという活動も可能になります。

多くの家庭で犬や猫が飼われているので、より上手で効率的な飼い方や繁殖に関する知識を知りたいと思う人は少なくないはずです。

友人や家族などとも知識をシェアしてあげることによって、大切な動物たちがより良い環境で生まれて育っていくことになります。

悪質ブリーダーの存在が話題になることがありますが、まずは知識を拡げることでペットの安全や健康を守ることにつながります

まとめ

動物は私たちの生活に密着した存在です。大切な家族の一員であり、社会的にも有用な役割をする動物は多いです。

そのため、動物に関する知識をしっかり学び、資格取得に向けて体系的な知識を身に着けてノウハウやスキルを伸ばすのは非常に良い事です。紹介した2つの資格を活かしてブリーダー業務を目指したり講師活動を副業として目標にしてみましょう。

犬・猫ペットブリーダーW資格取得講座