資格取得にかかる費用と支払い方法

資格取得にかかる費用と支払い方法

ブリーダーに関連する資格を取得したい人は、日本生活環境支援協会(JLESA)主催の「犬・猫ペットブリーダー」のような資格を取得することで、ノウハウが一定レベルに達していることが証明されます。

気になる取得にかかる費用や支払い方法について、簡単にまとめてみたいと思います。

資格取得にかかる費用

まず受験料ですが、犬・猫ペットブリーダー資格の受験料は消費税込で10,000円です。さほど高くないですので、気軽に挑戦できるでしょう。申込はネットから行います。

受験は在宅受験となっているため、気楽にチャレンジできるのも魅力です。受験条件は特にないので、自信がある人は独学で受験しても良いでしょう。

ただ初心者で、あまりブリーディングに造詣がない人の場合は、なかなか独学で挑むのは難しいはずです。したがって、対応する通信講座などでしっかり学習してから試験に臨む方が賢明です。対応する通信講座をご紹介します。

SARAスクールジャパンの対応講座

紹介するのはSARAスクールジャパンの「ブリーダー基本コース/プラチナコース(https://www.saraschool.net/pet/breeder/)」という講座です。

この講座は初心者でもわかりやすいテキストや、丁寧な指導がついた講座です。学習期間が約2カ月から6カ月と比較的短いため、飽きることなく学習し続けられます。

講座内容で分からない事があった場合、プロの指導者に個別質問できるため、躓くこと無く資格取得まで到達できるでしょう。こちらの講座ですが、基本コースとプラチナコースの2つのコースがあります。

受講料は基本コースが59,800円でプラチナコースが79,800円です。基本コースの場合は試験に合格して取得ですが、プラチナコースは卒業課題の提出をすればそのまま試験免除で取得となります。確実に取得したい場合はプラチナコースを選ぶと良いです。

支払方法

講座の支払い方法ですが、代金引き換えと後払い、クレジットカード決済(一括・分割払い)、オリコの教育ローンとがあります。

代金引き換えはキャッシュやクレジット、デビットから選べます。後払いは一括となりますが、コンビニ払いや郵便為替、銀行振込のオプションがあります

教育ローンを選ぶ場合は審査がありますが、審査に通ると契約成立で手続き完了です。

まとめ

紹介したブリーダー資格を取得するのにかかる費用は最低で10,000円です。もしブリーディングの事をあまりよく知らないのであれば、通信講座を活用して、まずしっかり勉強してから試験に臨みましょう

講座も2コース用意されているので自分の都合に合ったものを選ぶ事ができます。支払い方法も複数から選べます。

ブリーダー基本コース/プラチナコース