資格のカリキュラムと学べること

資格のカリキュラムと学べること

ブリーダーを目指したいと思っている人は少なくないと思います。

今や日本のペット関連産業は1兆円を大きく超えるようになっており、ペットの需要もたくさんあります。

ブリーダーになるための勉強方法として通信講座を受講する人もいますが、そのカリキュラムの内容について見てみましょう。

ブリーダー資格対応講座の例

ブリーダー関連資格はいろいろあるため、日本生活環境支援協会主催の「犬・猫ペットブリーダー」資格とその対応講座を例にしたいと思います。

この資格の対応講座は諒設計アーキテクトラーニングの「犬・猫ペットブリーダーW資格取得講座」です。

この通信講座は自宅でブリーダー関連の知識が学べるもので、約2カ月から6カ月の学習期間で資格取得を達成できるカリキュラムとなっています。

対象者として初心者も含まれています。また専門スタッフによるサポートもついてくるため、最初はあまり知識がなかったとしても、無理なく学習が進めらるようになっています

カリキュラムで学べる事

この講座では様々なテーマが取り上げられます。例えば普段の手入れやワクチン接種など健康管理に関連した内容や、交配をどのようにするかというブリーディングの基本も扱われます。

また妊娠周期や雌雄の飼育割合について、出産可能期間や終生飼育について、食事の管理や適した飼育方法について、病気や体調不良について、それぞれの種類の繁殖の注意点についてなど、幅広く学習します。

さらにこの講座ではブリーダー開業のための具体的な要素も学びます。必要な設計や設備、開業費用、経費や収入、宣伝方法、業務の流れ、オークションの準備や個人顧客への直接売買など、経営面での学習が可能です。

資格講座の種類と費用

本講座は2つのコースに分かれています。通常講座とスペシャル講座です。両方とも資格取得につながる学習ができますが、取得の手順が異なります。

通常講座は受講後に試験を受けて合格点を取れば取得となります。しかしスペシャル講座の場合は試験は免除となります。

その代わりに卒業課題を提出することになります。費用ですが、通常講座が59,800円でスペシャル講座は79,800円です。

まとめ

ブリーダー関連資格とその対応講座を一つずつご紹介しました。ブリーダーになるためにはかなりの知識が求められます。

犬だけあるいは猫だけでもかなりの種類にのぼるため、求められる知識は幅広いです。講座のカリキュラムを公式サイトで確認のうえ、積極的に活用してみましょう。

犬・猫ペットブリーダーW資格取得講座