ブリーダーってなに?

ブリーダーってなに?

ブリーダーとは、ペットとなる動物の繁殖や品種改良を手がける動物のエキスパートです。

ペット産業は非常に活況を呈していて、多くの人が動物を欲しているため、ブリーダーの仕事の需要は大きいと言えます。

ブリーダーの役割などイロハをお伝えします。

ブリーダーの役割

先述しましたが、ブリーダーはペットを交配させたりして繁殖したり、しつけを施したりする役割を担っています。といってもそこらへんの雑種を適当にかけあわせるのではなく、いわゆる血統書つきの犬や猫などを誕生させます

犬や猫だけでもかなりの種類が存在していて、その特徴も様々です。ブリーダーは個別の血統種を繁殖して守る役割があります。もし全ての個体が秩序無く混ざり合っていたとしたら、純粋な種類の個体は少なくなってしまいます。

そのため、単一種の愛玩動物の血統を引き継ぐ事が大切です。外国では愛玩動物の毛並みや体格などが決められていて、それを厳格に守っています。

またブリーダーは時々コンテストなどに動物を出して飼育技術を披露します。まさに動物のエキスパートというわけです。

ブリーダーになるにはどうすればいい?

ブリーダーになるには特別な国家資格は特に必要ありません。民間資格はいろいろですが、この資格がなければダメということはありません。

ただ資格の有無に関わらず、かなり知識は求められます。命を扱う仕事ですからそれは当然です。何も知らずに、雑な交配を施してしまうと、遺伝的な病気が出たり、飼育に難しさが出たりします

かといって生まれた命をぞんざいに扱ってはいけません。したがって、ブリーディングをするにはそれなりの学習が求められます。そのようなわけでブリーダー資格を目標にしてきちんと系統立てた学習をするのは大切です。

取得しやすいブリーダー資格

ブリーダーの資格はいろいろですが、比較的気軽に取得しやすい資格は日本生活環境支援協会(JLESA)主催の「犬・猫ペットブリーダー」です。

この資格は、家庭のペットの繁殖や改良について、基礎的な知識やブリーダーとしての業務の知識を有している事を証明するものです。有資格者はブリーダーとして活躍できますし、自宅やカルチャースクールで講師活動をすることも可能です。

まとめ

ブリーダーは血統を守った愛玩動物を増やすという仕事をします。命は容易にコントロールできるものではないので、ブリーディングに成功するには知識が必要です。

資格を取る勉強をしてしっかり知識を身につけ、効率的なブリーディングができるようになりましょう。