ペットの健康維持の方法と通院

ペットの健康維持の方法と通院

ペットも生き物なので、人間と同じように体調を悪くしてしまうことがあります。

ペットが出来るだけ健康でいられるように、ブリーダーや飼い主はどんな事を意識すべきでしょうか。

ペットの健康維持の方法や通院について見てみましょう。

ペットの健康維持の方法1:食生活

人間と同じように動物たちも、食べるものから身体を作っています。そのため、食生活を改善したり維持したりすることで、健康を守ってあげられます。ペットに与える食べ物を考える時に、大事な要素の一つとなるのは年齢です。

人間もそうですが、どの年齢ステージにあるかによって重視すべき栄養素は変わります。全ての年齢層で同じものを与えてしまうと、場合によって体調を崩す原因になる可能性もあります。

他の要素として、皮膚やお腹の調子、また体格などに合わせることも挙げられます。肥満気味なのか、皮膚が弱いのか、お腹の問題が多いのかなど、その個体の体質を考えて栄養素のバランスを考える必要があります。

また、病気の事も考えましょう。抱えている病気によって最適なフードを与えられるように、医師とのコミュニケーションも重要です。

ペットの健康維持の方法2:トリミング

トリミングも重要です。トリミングの目的は動物をおしゃれにすることだけではありません。健康維持の意味もあります。

例えば、毛を適度にカットしたり取り除いてあげることで、通気性がよくなります。また、シャンプーをして皮脂やアレルゲンを除去することなどによって、健康問題に関しての対策になります。

ノミやダニなど、犬の健康をおびやかす存在は少なくないので、被毛調節とシャンプーの持つ意味は大きいです。また肛門や耳の処理をしっかり施すことによって、炎症や肛門腺破裂予防になります。

通院も心がける

通院を心がけることも大事です。体調が悪化してから連れていくのではなく、予防や症状悪化の回避のために迅速に病院に診察してもらうのは大事です。動物はしゃべれないので、不調を直接訴えられません。

そのため、飼っている人間が表情や動きなどをよく観察する必要があります。さらに定期検診につれていくようにもしましょう。年に1回(シニアなら半年に1回)を心がけて、普段気付かない微妙な体調変化もカバーしてあげます。

まとめ

ペットの健康維持は飼い主やブリーダーの責任です。食生活や運動はもちろん、適度なトリミングも健康維持のポイントです。

また、かかりつけの病院を選んでおき、異変を感じたらすぐに通院します。さらに定期的な診察もしてあげることで、より健康維持が可能になるでしょう。