資格取得に必要な基礎知識

資格取得に必要な基礎知識

最近はペットの人気が非常に高まっているので、ペット関連の職業に就きたいという人はたくさんいらっしゃると思います。

中には繁殖に関わる仕事にチャレンジしたい人もいらっしゃるでしょう。

そのうえでブリーダー知識をたくさん学んで資格を取得するのは良い事ですが、取得に必要なポイントをまとめました。

ブリーダー関連の資格

先に言うと、ブリーダーになるためにこの資格が絶対に必要というものはありません。国家免許は必要なく、ある意味でだれでもブリーダーになることは可能です。しかし知識はかなり必要になります。

やはり命を扱うわけですし、動物といってもその種類はたくさんあります。同じ犬や猫でも注意すべきポイントには違いがあります。そのため、学習は絶対に不可欠です。学習の為に専門学校で学ぶ人もいますし、通信講座を利用することもできます。

通信講座の場合は自宅学習になる分、気軽さがあることと、費用が安く済むというメリットがあります。資格を取得することで、ブリーダーに関して一定以上の知識があることが証明されるので、ブリーダー業務に関わるのに一歩近づけます。

ブリーダーとして一人前になるために、他のブリーダーのもとで修業する人もいますし、ペットショップに勤務する人もいます。いずれにしても、最終的に独立開業したいのであれば、資格取得も踏まえながら、幅広くブリーディング業務のノウハウやスキルを高めなければなりません

資格取得を目指せる講座

資格取得に対応した講座を1つだけご紹介します。それは諒設計アーキテクトラーニングの「犬・猫ペットブリーダーW資格取得講座」です。

この講座では、約2カ月から6カ月の学習期間を経て、最終的に2つのブリーダー資格を目指せるカリキュラムになっています。

学習内容については公式サイトをチェックできますが、取得できる資格は日本生活環境支援協会(JLESA)の「犬・猫ペットブリーダー」と日本インストラクター協会(JIA)の「ペット繁殖インストラクター」の2つです。

これらの資格を取得することで、犬や猫の種類別の繁殖方法についてや改良について、また開業に向けての準備や運営方法についてなど幅広くブリーディングの実際的なノウハウを学ぶ事ができます

資格を活かす方法

資格を取得したならその後犬・猫ペットブリーダーとして活躍する事もできますし、ペットの取り扱いや繁殖方法について教える講師として活動を行うこともできます

ペットショップで動物と触れ合いながら働いて学習した事を活かすのも良いでしょう。いずれにしても、大切な命を扱う分野ですから、学習は継続的に行っていく必要があります

まとめ

ペットブームの影響もあって、ブリーダーになりたいという人は少なくないと思います。ブリーディングは簡単な仕事ではありませんが、きちんと体系的な学習をして、資格を取得するなどして、実際的なノウハウやスキルを高めていく事が必要と言えるでしょう。

犬・猫ペットブリーダーW資格取得講座