資格の勉強におすすめの学習方法と工夫

資格の勉強におすすめの学習方法と工夫

ブリーダーとして開業する事を目指したり、ペットショップなどで働く事を目指すとすれば、ブリーダー関連の資格を取得することで、業務で使える知識がしっかりと身につくでしょう。

動物を取り扱うには多くのノウハウやスキルが求められますが、学習方法や工夫できる点についてご紹介します。

ブリーダーの資格

ブリーダーの資格にはいろいろと種類があります。一つだけオススメの資格をあげるとすると、日本生活環境支援協会(JLESA)の「犬・猫ペットブリーダー」資格があげられます。

この資格は、家庭の犬や猫の繁殖や改良について基礎的な知識を持っている人に認定されるものです。さらにこの資格はブリーダーを開業するために必要な準備についても理解している人に認定されます。

悪質なブリーダーもいますが、ブリーダーはどんな仕事を行って、経営面でのどんなポイントを意識すべきかを理解しないといけません。有資格者はそうした点について一定以上の知識があることを証明されます。

オススメの学習方法

上記の資格を取得する場合にオススメの学習方法は通信講座です。この資格には対応講座が設定されています。その一つは諒設計アーキテクトラーニングの「犬・猫ペットブリーダーW資格取得講座」です。

この講座は2カ月から6カ月の学習期間の中で学習や添削を終え、最終的に試験に合格するか卒業課題の提出によって資格が取得できるようになっています。

この講座は初心者にも対応している講座なので、動物は好きでも、あまり深い知識までは知らないという人にも安心です。専門スタッフによるサポートもつくので、分からない事があっても時間を開けずに問題を解決できます

この講座を活用し。資格を取得することによって、自宅やカルチャースクールで講師活動をすることも可能です。詳しい情報は公式サイトから入手しましょう。

資格勉強のための工夫

将来ブリーダーを目指すのであれば、まずは他のブリーダーのもとで学ぶのも工夫のひとつです。あるいはペットショップに勤めてみても良いでしょう。

ブリーダー資格の勉強をしながら、同時に動物たちに触れる環境に身を置く事で、ノウハウやスキルを伸ばせるようになります。あるいは自宅でペットを飼ってみるのも良い手です。

まとめ

ブリーダー資格のひとつとその対応講座をご紹介しましたが、諒設計の講座は通信制であるため、自宅で都合の良い時間に勉強できるのもメリットです。

学習期間もそれほど長くはないので、初心者でも安心して始められるようになっています。動物の知識をしっかり学んで、より良心的なブリーダーを目指しましょう。

犬・猫ペットブリーダーW資格取得講座