ワクチン接種とかかるコスト

ワクチン接種とかかるコスト

子どもの頃ワクチン接種の注射を受けた記憶がある人は多いと思います。

人間だけでなく、動物たちにとってもワクチンは重要な意味を持ちます

動物のためのワクチン接種の基本的なポイントとそのコストについて、犬を例にして簡単にまとめてみたいと思います。

動物のワクチン接種のポイント

犬の病気のためのワクチンには、2種混合や5種混合、8種混合などのような混合ワクチンが存在します。2種混合であれば犬の病気2種類に対抗するためのワクチンになります。

5種の場合は5種類の病気に対する対策ワクチンです。ワクチンについて少しだけ説明すると、これは弱いウイルスを身体に入れて増殖させ(生ワクチンの場合。不活化ワクチンは死んだウイルスなので増殖しない)、そのウイルスに対抗する抗体を身体に作らせて免疫力を生みだすという仕組みです。

ウイルスを入れるのである意味病気になるとはいえ、免疫を作る人工的なプロセスなので心配はいりません。いずれにしても、医師との相談の上で、何種混合にするかを考えるのが重要です。

ワクチンが効果を発揮する病気

ワクチンによってどんな病気が予防できるか、いくつかの種類をあげたいと思います。まずは狂犬病です。知名度がかなり高い病気ですが、発症=死亡という恐ろしい病気で、犬にも人にも関係します

犬ジステンパーも死亡率の高い病気です。運動障害や下痢や脳状態の悪化などをもたらします。犬パルボウイルスは下痢や呼吸困難、脱水などを起こします。犬ジステンパーと犬パルボウイルスが特に発症確率が高いです。

他には腹痛やおう吐や発熱を起こす犬伝染性肝炎や、呼吸器に問題を起こす犬パラインフルエンザなど様々な症状の病気があります。ワクチンによってこれらの病気を予防できるようになります

ワクチンのコスト

犬の混合ワクチンがいくつかあると説明しましたが、現時点で混合ワクチンの最大混合は9種類です。狂犬病は義務的にワクチンを打たないといけませんが、混合ワクチンは任意となります。

ワクチン接種は動物病院で行うことができます。費用は病院ごとに違うので何とも言えませんが、9種類を打ってもらったとしておおよそ1万円くらいを見ておけば良いでしょう。

それほど高くもないので、体調に合わせて打っておくのが無難です。狂犬病ワクチンは地域によって違います。だいたい3,000円前後を見ておくと良いです。

まとめ

ワクチンによって動物たちの健康維持を推進する事ができます。義務づけられている狂犬病ワクチンだけでなく、そのほかの発症確率の高い病気に対してもワクチンによって対抗策を取るようにしましょう。